JIS規格ポケットブック

JIS規格を無料で検索・閲覧できる!塩ビ管やSGPなど

JIS規格番号(JIS K 6741)や「塩ビ管」などで検索してください。

塩化ビニル/VP HIVP管 塩ビ管の基本情報

塩ビパイプや塩ビ管のHIVP管とは?VPとHIVPの違いについて

更新日:

塩ビパイプ塩ビ管のVP管とHIVP管の違い、規格、耐衝撃、耐熱温度、耐圧力、色、試験方法を説明します。
HIVP管(耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管)は、VP管の割れやすいという弱点を克服し、用途を広げた製品です。

スポンサーリンク

HIVPは衝撃に強い

通常のVP管は衝撃に対する強度が低く、施工中や利用中に破損する事がありました。
また、低温時はさらに耐衝撃性が低下し割れやすくなるため、寒冷地を中心として問題となる欠点を抱えていました。
そのため素材を改良し、衝撃に対する性能を大幅に強化したのがHIVP管です。

HIVP 強さの理由

通常の塩ビ樹脂に、耐衝撃性改良剤(ABS,MBS,EVA,アクリルゴム,塩素化ポリエチレンなどのゴム特性を有するもの)を強化剤として混合しています。
この強化剤を5-20%程混ぜることで、強化剤の粒子が衝撃エネルギーを吸収し粘り強くなるため、破損を防ぎます。

HIVPとVPの性質/性能

物的性質


  • HIVP管は灰青色、VP管は灰色です。
    塩ビは本来透明ですが、混ぜられている顔料の違いにより色が異なります。HIVP_color
  • 比重
    HIVP管は1.40、VP管は1.43です。

機械的性質

  • かたさ、曲げ強さ、圧縮強さ
    HIVP管、VP管ともに同じ強度です。
  • 引張強さ
    HIVP管(40MPa以上)、VP管(45MPa)以上と、VP管の方がやや強いです。
  • 衝撃強さ
    HIVP管はVP管よりも、3-5倍程度の強度があります。

熱的性質

  • 線膨張係数、比熱、熱伝導係数
    HIVP管、VP管ともに同じ性質で、優れた性能を有します。
  • 軟化温度、使用限界温度
    HIVP管、VP管ともに60度以上は使用できません。
  • 低温時の性能
    HIVP管は低温時に割れやすいというVP管の弱点を克服しました。
  • 難燃性
    どちらも自己消火性を有します。

電気的性質

  • 耐電圧、体積固有抵抗、誘電率、力率
    HIVP管、VP管ともに同じ性質で、優れた性能を有します。

JISに規定されている具体的な性能項目

HIVPの性能は、JISにおいて下記の基準が定められています。
これをもとに各メーカーが素材等を配合し、それぞれの特色を出しています。

HIVP_spec

HIVPの試験方法

衝撃に強いHIVPですが、その試験方法も定めされています。
どのようにテストするのかと思い調べてみると、以外とアナログな方法でした。

試験装置

この図は試験装置の一例です。試験片の上から重鐘を自由落下させ、破損度合いを確認します。

HIVP_testmachine

試験方法

試験片を、0℃±3℃で60分以上の環境で状態調節後、試験片を試験装置の受け台に静置し、常温の試験室内で速やかに試験を行います。
呼び径により重鐘の形状と質量、そして落下高さが異なります。

HIVP_testMethod

判定

試験後の試験片状態により、判定を行います。

-判定条件-
5個の試験片のすべてが破壊度1-3の場合は、”異常なし”とする。
5個の試験片のうち、2個以上が破壊度4-10の場合は、”異常あり”とする。
5個の試験片のうち、1個が破壊度4-10の場合は、再度5個の試験片について試験を行い、すべての試験片が破壊度1-3の場合は、”異常なし”とする。

HIVP_testjudgment

-塩化ビニル/VP, HIVP管, 塩ビ管の基本情報
-, ,

Copyright© JIS規格ポケットブック , 2018 All Rights Reserved.