JIS規格ポケットブック

JIS規格を無料で検索・閲覧できる!塩ビ管やSGPなど

JIS規格番号(JIS K 6741)や「塩ビ管」などで検索してください。

用紙

用紙のサイズ・寸法一覧(紙加工仕上寸法:JIS P 0138)

更新日:

コピー用紙、大判用紙などの規格表です。身近なところではA4サイズB5サイズ、またはA4版A3版などと呼ばれているものです。

紙のサイズ・寸法を表す方法には、コピー用紙や本、ノートなど、断裁加工後のサイズ・寸法を表す「紙加工仕上寸法」と、断裁加工前を表す「原紙寸法」とがありますが、ここでは一般的に消費者が使用する「紙加工仕上寸法」について整理しています。

この用紙のサイズ・寸法もJIS規格にて定められており、紙加工仕上寸法の規格JIS P 0138ですが、Aシリーズ(Aサイズ)は世界的な規格ISO216と同じですが、JISのBシリーズ(Bサイズ)は日本・中国・台湾で使用するローカル規格のようです。国際的にはISOのBシリーズがあってJISのBシリーズより大きさが若干小さいです。

スポンサーリンク

お急ぎの方はこちらから

A0A1A2A3A4A5
A6A7A8A9A10
B0B1B2B3B4B5
B6B7B8B9B10

名称と略称、英語訳

名称 紙加工仕上寸法
Writing paper and certain classes of printed matter-Trimmed sizes-A and B series
JIS JIS P 0138

用紙サイズと寸法一覧

AシリーズもBシリーズも一番大きな0番を基準に、長辺を半分に裁断したものを1番、2番、3番としています。具体的にはA0を長辺で切ったものをA1A1をさらに長辺で切ったものをA2という形になります。

表1.JIS(ISO)-Aシリーズ

JISP0138_Aseries

名称 短辺×長辺(mm) 面積(㎡)
A0 841×1,189 1
A1 594×841 0.5
A2 420×594 0.25
A3 297×420 0.125
A4 210×297 0.062
A5 148×210 0.031
A6 105×148 0.016
A7 74×105 0.008
A8 52×74 0.004
A9 37×52 0.002
A10 26×37 0.001

面積は小数点以下4位で四捨五入

表2.JIS-Bシリーズ

JISP0138_Bseries

名称 短辺×長辺(mm) 面積(㎡)
B0 1,030×1,456 1.5
B1 728×1,030 0.75
B2 515×728 0.375
B3 364×515 0.187
B4 257×364 0.094
B5 182×257 0.047
B6 128×182 0.023
B7 91×128 0.012
B8 64×91 0.006
B9 45×64 0.003
B10 32×45 0.001

面積は小数点以下4位で四捨五入

許容差

実際購入したA4コピー用紙などを細かく見ると1枚1枚の大きさが微妙に異なっています。これは加工品ですので当然ですが、大きな誤差があっては規格として意味を成しませんので、JISでは許容差を次のように定めています。

寸法が150mm以下は±1.5mm
150mmより大きく600mm以下は±2mm
600mmより大きいものは±3mm

-用紙

Copyright© JIS規格ポケットブック , 2018 All Rights Reserved.